30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

”表現”の修復

建築物の修復においては、その建築物が建てられた当時の技術的・生産的条件を明らかにし、辿り直すことが求められる。しかし、それらを明らかにし、忠実に再現しただけでは、十分な修復とは言い難い。そうした技術的・生産的条件=制約の中からはみ出ようとした当時の棟梁達の「勢い」のようなものまで含めた修復はいかにして可能だろうか。

森本英裕

職藝学院
専門分野|歴史意匠
活動地|富山県富山市
生まれ|1982

[現在のプロジェクト]
当方が所属している“大工と庭師の専門学校「職藝学院」”では、歴史的建造物の修復・復原新築等を授業の一環として行っている。寺院や神社、民家や土蔵・茶室などの富山県内に残る地域文化財を対象として、実測調査から修復設計・施工まで、これら一連のプロセスを統合的に行っている点に特色がある。1.実測調査に基づいて図面化・修復設計を行う場として、2.大工を目指す学生が棟梁に指導を受けながら、過去の(伝統)工法を辿り直し、技を学ぶ作業場として、3.多くのOBの大工達や様々な他職種の職方との連携の場として、など修復作業を通して様々な場が重なり始める。こうした場の重なり合い方を考えることが、当方にとってのプロジェクトである。
2016教育更新歴史認識

森本英裕

2 comments for “森本英裕”

  1. 長谷見雄二 より:

    建築物の修復にあたっては、建てられてから今日までの時間が建築物に込められていることにどう向かい合うかも重要ではないだろうか。修復は、部材が元の状態をとどめていなくなって行うのだろうが、素朴なところでは、元のまま残っている部材はなぜ、残っているのかだけ考えても奥が深そうだ。頑張ってください。

    • 森本英裕 より:

      例えば、古民家などの後世に改造が加えられた部分を解体すると、高い確率で小屋裏や床下に当初材が転用されています。無駄を少なくする(新材を買わなくても良い)という点では当たり前の事かもしれませんが、当時の大工の意図について色々と考えさせられます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。