30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

Do It With Others

「自分の手でつくる」=Do It Yourself(D.I.Y.)という概念はもともと第二次世界大戦後のロンドン復興を市民自らの手で行おう、というスローガンから拡がったと言われている。70年代に生まれたパンクロックに代表されるカウンターカルチャーは、その根底にD.I.Y.精神を持っている。日々進歩する技術によってDIYで作れるものが増え、FabやMakersと同じように都市もその対象になっている。「By Yourself=自分の手で」に加えて「With Others=他の人・分野と一緒に」その設計や製作過程も共有していくことで、誰かに与えられたものでなく、本当にオリジナルでありつつ誰もが参加できる開かれた都市を作ることができると考えている。

小泉瑛一

オンデザインパートナーズ
専門分野|建築設計 / 都市 / まちづくり
活動地|横浜 / 石巻
生まれ|1985

[現在のプロジェクト]
自転車を通したまちづくり:宮城県石巻市のまちの自転車店「クマガイサイクル」の設計施工・プロモーションと、新しいサイクルツーリズムをつくる「ポタリング牡鹿」の企画・運営。
学びの場を参加型でつくる:大分県立芸術文化短期大学設計チーム。
横浜のクリエイターが繋がる場をつくる:ペチャクチャナイト横浜オーガナイザー。

【2019】セッションリーダー
参加セッション:セッション31「市民参加型アクションは都市のプランを変えることができるのか?」
2016201720182019地方教育参加マネジメント観光

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。