30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

シェアリングエコノミー

世界が流動を持つ時代。観光事業と呼ばれるものは世界で見ても最大の産業になると言われている。これは観光立国化しようとしている日本だけではない。一方で日本だけで考えるとストック活用時代が到来している。そこで着目したのはAIRBNB、TOMARERU、SPACEMARCKETなどの空いた場所をホテルなどの観光施設として共用することで利益を得る手法である。今後シェアリング・エコノミーが主軸となって既存建物の観光施設への用途転用は日本の主流となっていくだろう。

香月真大 / masahiro katsuki

香月真大

香月真大建築設計事務所
専門分野|意匠 / 不動産
活動地|高円寺
生まれ|1985

[現在のプロジェクト]
1984年東京生まれ 2007年法政大学工学部建築学科卒業 2007-11年早稲田大学大学院創造理工学研究科修士課程 2011年-13 石山修武研究室、上海へ渡航後 2013年 SIA(second international architecture)設立 2016年 吉祥寺建築会 (建築展・トークイベント・交流会)設立  2018年 すぎなみの街並みを作る会(建築展・トークイベント・交流会)設立
201620172019場づくり更新マネジメント歴史認識シェア観光

香月真大

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。