30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

佐々木雅宏

合同会社アーキロイド
専門分野|意匠 プログラミング
活動地|神奈川県
生まれ|1991

[現在のプロジェクト]
 木造住宅の自動設計に特化した人工知能建築家「アーキロイド」の開発と、サービスへの展開を目指して活動中。大学卒業後研究室で共に開発を行った仲間と「合同会社アーキロイド」を立ち上げ、研究から実務での応用へ向けてプロジェクトを継続している。人工知能建築家「アーキロイド」は、建築家の設計した住宅から独自の評価システムを用いて算出した定量データライブラリをもとに、人工知能を用いて住宅の設計を行う。ゆくゆくは一般ユーザー向けの住宅自動設計サービスを展開し、住宅産業におけるマスカスタマイゼーションを実現したい。
 また、単に木造の設計だけでなく、木材の伐採、製材、加工に至る一連のサプライチェーンの最適化にも取り組んでいる。具体的には、意匠CADとプレカットCADのデータ連携による品質と生産性の向上や、ロボットアームによる木材の三次元加工を目指し、技術習得を実施している。
 「デザイン」から「マテリアライジング」まで、ものづくりの計算可能性を突き詰めることで、人と機械の新しい協働のあり方を実現したい。
2017環境生産空間性デジタル化シミュレーション職能の拡大汎用性最適化

合同会社アーキロイド+慶應義塾大学松川昌平研究室

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。