30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

中村健太郎

NPO法人モクチン企画
専門分野|アルゴリズミック・デザイン
活動地|東京都大田区蒲田
生まれ|1993

[現在のプロジェクト]
【建築設計のメディア論】
「モクチンレシピ」は、木密地域が抱える都市的リスクの解決に取り組むNPO法人モクチン企画による、木造賃貸アパート改修のための設計ツール / ウェブサイトである。木賃アパートの改修に繰り返し適用可能な設計パタンを記述し流通させることで、数において膨大な木賃アパート群全体の経済的・社会的な可用性を高めることを目的に運用されている。私はモクチン企画所属の建築家 / プログラマとして、レシピを用いた設計に取り組みつつ、その情報環境における最適な表現についての継続的な研究開発を行っている。

レシピが有する批評性のひとつは、ルネサンス以来「図面」という単方向的なメディアが建築家に与えてきた特権的な立ち位置を、木賃=レシピ=ユーザーが構成する制作共同体の実現を通して揺さぶる点にある。これを木密という特異点においてのみ成立する事象と短絡すべきではない。建築を超える建築のあり方が様々に模索される昨今、私たちの実践は一つの確かな補助線を引くものと考えている。

参加セッション:セッション28「「メディアプラクティスとしての建築は可能か?」
20172019環境制度デジタル化職能の拡大

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。