30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

The Trading City研究会

The Trading City研究会 土橋悟+雨宮知彦+落合正行+小林国弘+照内創

株式会社都市環境研究所/ラーバンデザインオフィス合同会社/日本大学/ コバヤシクニヒロデザイン/SO & CO.
専門分野|建築、都市デザイン
活動地|全国
生まれ|1980

[現在のプロジェクト]
成熟した都市においては、個々の経済活動の集積が都市構造を形成しており、全体統制的なマスタープラン的都市計画はもはや機能していない。かといって、スポット的開発は同時にどこかの衰退を引き起こしており、都市環境全体の最適化からは程遠い。
そこで、我々は、経済的価値だけではなく、環境、文化、歴史等の多様な価値の「トレード」によって、互いにwin-winの関係を築く新たな方法論の研究を2012年以来有志で行っている。
2013~2015年度には、日本建築学会内に「空間更新手法“TRADE”の開発研究[若手奨励]特別研究委員会」を設置し、「トレード」の開発研究を進め、研究報告書の出版及び研究発表等の研究成果をあげた。並行して、実践的展開として、子供を対象としたワークショップ:トレードゲーム「まちシャッフル」を開発し、「六本木アートナイト2014」内のプログラムとして実施した。2016年度以降も、定期的に研究会を開催し、「まちシャッフル」の改善検討、学術的研究の深化、既往成果の出版検討など多岐に渡る研究を推進している。
https://www.facebook.com/thetradingcity
2017環境制度移動最適化

The Trading City研究会

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。