30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

川原卓也

吉川晃司

スタジオまめちょうだい
専門分野|意匠 / 都市
活動地|宮城県気仙沼市
生まれ|1985

[現在のプロジェクト]
現在スタジオまめちょうだいの活動と並行する形で、一般社団法人気仙沼市住みよさ創造機構の事務局を担っている。住みよさ創造機構では、震災復興に関する民間企業からの支援を活用し、市の住みよさの改善と創造に繋がるプロジェクトの企画・立案・事業化支援を行っている。高齢者の買い物支援実証実験・市内休廃校の利活用ワークショップ・UIJターン人材定着化事業・地域電力事業など多岐に渡るまちづくりの中間支援を行う。こういったマクロなまちづくり活動の傍ら、スタジオまめちょうだいでは気仙沼市八日町地区のまちづくり団体と連携し、照明復旧社会実験・商店街ウェブサイトの整備・災害公営住宅の区分所有による民間組織での自立運営など「身の丈開発」を意識したプロジェクトを推進している。ミクロとマクロ、複眼的に都市に関わることで自分の中の都市への対峙手法が徐々に分化・醸成されてきたように思う。
2017福祉

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。