30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

9年間で関わった建築、人、物のごく一部、そして僕

森田元志


専門分野|歴史、教育(ボランティア活動)
活動地|江戸東京たてもの園(2005年~2014年)
生まれ|1955

[現在のプロジェクト]
設計者でもなく、研究者でもない「ふつうの建築屋」なのでプロジェクトと呼んで良いのか判りませんが、「江戸東京たてもの園」のボランティア活動において、一般の来園者に建築の面白さを知ってもらう為に、関心や興味を持ってもらえるような切り口から建築を説明することに心がけました。その体験などを踏まえて文末の論考をまとめています。とくに2015年の紀要はボランティア活動の個人的な「まとめ」の意味もありました。たてもの園の建物を例に、7つのキーワード(⒈仮設建築 ⒉建築の保存 ⒊民家と郊外住宅 ⒋建築と法律 ⒌書院と数寄屋 ⒍壁の建築・柱梁の建築 ⒎建築と敷地)から解説を試みています。 (参考) 2009年9月建築雑誌投稿論文「江戸 東京」 2015年 共立女子短期大学紀要 岡田悟と連名で「実物から住まいと建築を学ぶ手法について-江戸東京たてもの園を例として-」
2018福祉制度マネジメント歴史認識

7つのキーワードの一つ「壁の建築、柱と梁の建築」の説明資料

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。