30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

堀 裕貴

関西大学大学院 住環境デザイン研究室
専門分野|都市
活動地|大阪 奈良 京都
生まれ|1996

[現在のプロジェクト]
住宅地のリノベーションプロジェクトとして構想しているもの。住宅内から漏れる生活の灯が道を照らすことで、街の街頭代として行政からお金が支払われる仕組みを提案する。それによって、住宅は単なる消費の為の箱から、街の灯を生産する装置となり、住民がインフラ管理を主体的に行うようになる。そうやってできた住宅地の風景には、周辺に豊かな表情を見せながら街に貢献する新しい住宅の在り方があるのではないかと考えている。
2018インフラ開発汎用性

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。