30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

上田孝明

NAD(株式会社日建設計 NIKKEN ACTIVITY DESIGN lab)
専門分野|公共空間/プロダクトデザイン
活動地|東京都
生まれ|1981

[現在のプロジェクト]
?ひらけばそこが、未来の公園。?
いつのまにか禁止事項だらけになってしまった公園に、都市に暮らす人々の豊かで生き生きとしたアクティビティを取り戻すためにはどうすれば良いでしょうか?PARK PACKでは、コンテナに詰め込んださまざまなツールとコンテンツを展開し、多様なアクティビティを「禁止」ではなく「推奨」することで、豊かさを取り戻すことを目指しました。PARK PACK をひとたびひらけば、さまざまなアクティビティや賑わいがそこから生まれていく。あたらしい公園のありかたをつくりだす、そんな可能性がつまった「動く公園」。それがPARK PACK です。ULTRA PUBLIC PROJECTによりTokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018にて活動を開始し、2019年には渋谷川へ暫定設置(渋谷未来デザインによる運営)。今後の展開も検討中です。
※ULTRA PUBLIC PROJECTとは、Rhizomatiks Architecture、ティー・ワイ・オー、電通ライブの3社のメンバーで立ち上げたユニット。Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018より、新たに、日建設計、プロペラ・アンド・カンパニーが加わる。

参加セッション:セッション32「市民参加型アクションは都市のプランを変えることができるのか?」
2019開発参加自発性

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。