30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

樋口 永

株式会社遠藤克彦建築研究所
専門分野|意匠
活動地|大阪府/茨城県/東京都
生まれ|1991

[現在のプロジェクト]
茨城県大子町役場庁舎の新築建替のプロジェクト。2018年のプロポーザルで弊社が設計者に選定され、2021年春の完成を目指して進めている。 町が策定した基本方針の元、従来の行政機能の拠点だけではなく「町民が集える交流拠点」の役割を備える、まちとつながる円環を意識した庁舎を提案している。 設計過程においては、多世代の町民と役場職員が参加したWSを開催し、まちなかへも視点を広げた「新しい場所」に対する意見交換を行った。 また、庁舎計画時に意識している円環の一部にある旧酒屋をお借りして現地拠点を開設し、町民が集える場所としての活用も模索しつつ、そこで過ごす時間含めて当事者的な視点ももちながら計画を進めたいと考えている。

参加セッション:セッション28「「メディアプラクティス」としての建築は可能か?」
2019

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。