30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

Natsuki Mitomi

富永秀俊

香港大学
専門分野|設計 / 都市リサーチ
活動地|香港
生まれ|1996

[現在のプロジェクト]
副次的空間のネットワーク
空間把握や設計における中心と周縁,あるいは主と従の図式を乗り越えるために,もういちど副次的空間の空間性とそのネットワークを見直したい。
東京藝術大学学部時代の一連の作品 In-between,Urban Room, Around Water Garden,は,それぞれ非常階段,建物の隙間,災害対策の設備といった副次空間を再構築するとともに改たなネットワークを形成するように設計している。
2019年からは香港大学大学院にて制作を続けながら「Archi-pelago(仮称)」というウェブメディアを初めた。ホーチミン市と京都で働いた経験を活かしながら、アジアに点在する諸都市への考察を深め、それらを動的かつ冗長なネットワークとして捉え直そうとしている。

参加セッション:セッション29 「リノベーションの新時代はアジアから拓くのか?」
2019海外空間性ローカリティ自発性

In-between / Hidetoshi Tominaga

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。