30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

大井 鉄也

大井鉄也

大井鉄也建築設計事務所主宰|東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士後期課程
専門分野|意匠/構法
活動地|東京都町田市|滋賀県長浜市
生まれ|1978

[現在のプロジェクト]
私が、これまで取り組んだプロジェクトには、滋賀県長浜市木之本町で「サラダパン」で有名な「つるやパン」本店の改修(2013)、長浜市朝日町で元パン屋の空き家をつるやパン二号店として改修した「まるい食パン専門店」(2016)がある。これらの特徴は、施主自身が内装材の加工や塗装を行うなど空間に自力建設的な魅力が加わったことだ。それから、木之本宿の伝統的な大きな町家に小さな家族のための住まいを入れ子状に挿入した「オフセット町家」(2017) [Photo.1]もある。このプロジェクトでは、生活機能の分化による残余としての土間を第二の敷地ととらえ非空調とし、その中に現代的で快適な住まいを配置した。これにより長い時間を経て形成された町家の空間の物理的性質を持続させることができた。現在は、つるやパン工場の増築「屋根上の休憩所」(SDレビュー 2017入選) の設計に取り組んでいる。受賞後に、施主は、敷地を倍程拡張し、休憩所と共に地域住民や観光客が気軽にくつろぐための「公園」をつくりたいとのことから設計をやり直している。

参加セッション:セッション29「リノベーションの新時代はアジアから拓くか?」
2019空間性参加ローカリティ

冨田 英次

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。