このサイトについて

パラレル・プロジェクションズ・プラットフォームについて

本ウェブサイトは、2016年10月に開催された日本建築学会創立130周年記念 建築文化週間2016 特別企画パラレル・プロジェクションズに合わせて開設されたウェブプラットフォームです。2017年以降も引き続きパラレルセッションを継続し、議論の内容や参加者の情報をアーカイブしていきます。

本ウェブサイトはNews、Session、People、Partner、Bookmarkという5つのタブから構成され、各セッションに参加した建築関係者のコミュニケーションツールであると同時に広く一般へ議論を開くためのプラットフォームとなります。

それぞれのタブは年度と複数のキーワードのタグで関連づけられており、タグによるソートが可能です。自分の気になるタグをクリックして、興味に合ったセッションや人、ウェブサイト、トークイベント、ニュースの情報をチェックすることができます。

News

パラレルプロジェクションに関するお知らせを掲載しています。

Session

パラレルセッションの告知、また議論をアーカイブしていきます。

People

パラレルセッション参加者の活動内容、プロフィールの一覧ページです。

Partner

スポンサーやセッションに参加いただいたゲストを紹介しています。

Bookmaek

参加者を中心につくられるウェブページのリンク集です。今興味がある建築界の話題だけでなく、セッションがきっかけとなって生まれたプロジェクトのアーカイブとしても機能します。
※参加者以外の方も投稿することができます。

パラレル・プロジェクションズについて

建築に、未来の価値は期待できるのでしょうか。分野や組織の垣根を越え、学術、技術、 芸術を統合する日本建築学会だからこそ可能な、コレクティブで建築的な実践とはいかなるものなのでしょうか。本企画は、学会というプラットフォームの価値を最大限に駆使して、建築に関わる人材を一同に集め、分野や世代、価値観が並走する複数のセッションを通して、建築の現在的な意義を共有し、発信するための運動体です。

それぞれのタブは年度と複数のキーワードのタグで関連づけられており、タグによるソートが可能です。自分の気になるタグをクリックして、興味に合ったセッションや人、ウェブサイト、トークイベント、ニュースの情報をチェックすることができます。
>>2016年度
>>2017年度

“Contact”

pp_info@aij.or.jp
※お問い合わせは上記メールアドレスまでご連絡ください。
日本建築学会事務局とは別窓口となります。

“Organization”

一般社団法人日本建築学会

会員相互の協力によって、建築に関する学術・技術・芸術の進歩発達をはかることを目的とする学術団体です。1886年(明治19年)に創立されて以来今日にいたるまで、わが国建築界においてつねに主導的な役割をはたしてきました。現在、会員は3万5千名余にのぼり、会員の所属は研究教育機関、総合建設業、設計事務所をはじめ、官公庁、公社公団、建築材料・機器メーカー、コンサルタント、学生など多岐にわたります。

建築文化事業委員会

講演・展示事業等を通じて建築界および一般社会の建築文化の向上に寄与することを目的に、学会内に設置されている委員会の一つです。主な活動である建築文化週間(毎年10月に開催)の一環として、このたびパラレル・セッションズを開催することとなりました。その他、日本建築学会賞(作品)受賞者記念講演会、学生サマーセミナー、アーキニアリング・デザイン展を開催しています。

委員長:
川合智明|事業理事・竹中工務店執行役員設計本部長
幹 事:
大森晃彦|建築メディア研究所代表
田中元子|モサキ代表
松田 達|武蔵野大学専任講師/松田達建築設計事務所主宰
委 員:
井上宗則|東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻助教
井内雅子|大成建設設計本部建築設計第5部設計室長
鵜飼哲矢|九州大学大学院准教授
加藤詞史|加藤建築設計事務所主宰
川勝真一|RAD共同主宰
斎藤公男|日本大学名誉教授
佐藤 淳|東京大学准教授/佐藤淳構造設計事務所主宰
関野宏行|佐藤総合計画取締役常務執行役員
辻 琢磨|403architecture [dajiba]共同主宰
濱野裕司|竹中工務店東京本店設計部設計ISD部長
平野利樹|東京大学隈研究室博士課程
山村 健|早稲田大学講師

協賛 富士木材