30年後の都市と、建築のためのウェブプラットフォーム

Sessions

Session23 -都市の余白をランドスケープとして扱う方法とは?-

 

日時:2018/10/21 15:00~18:00
会場:建築会館ホール
テーマ: 都市の余白をランドスケープとして扱う方法とは?
【登壇者】

大野暁彦(株式会社SfG landscape architects/名古屋市立大学)
鈴木克哉(szki arvhitects ㈱一級建築士事務所)
堀裕貴(関西大学大学院 住環境デザイン研究室)
黒澤健一(kurosawa kawara-ten)
屋台学会
吉永規夫(Office for Environment Architecture)
佐藤直樹(株式会社 如是アトリエ IIA atelier )

 

2018環境景観地域資源更新

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。