PPについて

日本建築学会 創立130周年記念 建築文化週間2016 特別企画
パラレル・プロジェクションズ

開催期間 | 2016/10/1(土)–10(月) 11:00~18:00
※ただしイベント開催によって変更する可能性があります。詳しくはTIME TABLEご参照ください。
会場 | 建築会館( 東京都港区芝5-26-20)

About
Contents
Time Table
Project Team
Organization

トップに戻る

“About”

[開催概要]

建築に、未来の価値は期待できるのでしょうか。分野や組織の垣根を越え、学術、技術、 芸術を統合する日本建築学会だからこそ可能な、コレクティブで建築的な実践とはいかなるものなのでしょうか。

本企画は、日本建築学会創立130周年の記念事業として、建築文化週間が始まった1986年前後に生まれた建築関係者を、130人を目標に集め、若い世代の活動の中に建築の未来を見出すためのプラットフォームです。科学技術が発展した近代以降、多くの建築家が構想してきた「未来」像 は常に、その鮮やかさで人々の現在を牽引してきました。しかしながら、社会における価値の多様化と成熟の中では、シンプルな未来像はそのリアリティを失いつつあります。私達がリアリティを持ちうる未来とは、現在の中にこそ照射 (プロジェクション)されるべきではないでしょうか。特にこれからの未来を生きる若い世代の現在の中において、です。 そしてその現在は、一つではなく、未来もまた一つではありません。それぞれの実践(プロジェクト)にみる一つ一つの未来の予兆が、パラレルワールドのように少しずつ関連しあいながら並走する、そのまとまりを建築の未来として語り合い、広く社会に問う、それがこのパラレル・プロジェクションズの存在意義です。

このプロジェクトでは、“フォーラム”、“展示”、“ブック”、“ウェブサイト”という4種類のメディアを駆使し、”パラレル・プロジェクションズ”を多角的に表現します。 1980年代生まれを中心とした参加者は、それぞれ同じ年代に生まれ、建築を生きるフィールドに選び、今の社会や都市を取り巻く状況を建築という視点から少なからず共有した人たちといえます。それぞれの未来の予兆に対して豊かな想像力を行使し、それぞれのプロジェクトを未来へと進めていくためのより良い協働のかたちを見出したいと考えています。

[開催目的]

①30年後の都市と建築を考える 現在のプロジェクトの中から未来の予兆を探る

②建築界の声を一つにする これからの協働・コラボレーションのかたちを見出す

[開催期間]

2016/10/1(土)〜10(月)

[会場]

建築会館ホール・イベント広場・建築博物館ギャラリー 東京都港区芝 5-26-20

[主催]

日本建築学会 建築文化事業委員会

担当委員 辻 琢磨 | 403architecture [dajiba] 共同主宰
川勝真一 | RAD共同主宰
副担当委員 藤村龍至 | 東京藝術大学准教授/RFA主宰
大森晃彦 | 建築メディア研究所代表

[特別協賛]

大和ハウス工業株式会社

[協賛]

創造系不動産
株式会社リビタ
建築再構企画
特定非営利活動法人モクチン企画
昭和情報プロセス株式会社

トップに戻る

“Contents”

[ SESSIONS ]

本プロジェクトの参加者による共同的な作業によって、現在の実践を未来へと投射する場をつくりだします。初日の10/1に130名が一堂に会し実施されるパラレルセッションズを皮切りに、会期中13回のセッションを実施します。ここでは、単なる活動のプレゼンテーションに止まらず、未来に向けた新しい協働の枠組みや具体 的なプロジェクトについて議論し、実現に向けたアジェンダの作成を試みます。

[ BOOK ]

建築会館を舞台に繰り広げられたディスカッションやフォーラムの内容( 展示作品等) とそこから生まれたメッセージを、紙媒体として残し、広く社会に提示します。

[ EXHIBITION ]

参加者130名の現在の研究や取り組みなどの実践(プロジェクト)と、未来に向けたキーワードの提示を、各種メディア形式で展開します。未来(プロジェクション) は、想像上のユートピアにではなく、現在の実践(プロジェクト) の中に予兆として存在すると考え、すべての出展物がフラットに、かつそこに階層構造よりも豊かなネットワークが感じられるような展示を想定しています。

[ WEB ]

本企画のウェブサイト※は単なる告知媒体ではありません。会期前は出展者、協賛企業の事前プレゼンテーションの機会となると同時にフォーラムでの議題やゲストの組み合わせなどを公開して決定するためのプラットフォームとなり、会期後は若い世代の実践と未来への展望をアーカイブする機能を担います。

トップに戻る

“Time Table”


トップに戻る

“Project Team”

辻 琢磨(403 architecture [dajiba])
1986年静岡県生まれ。2008年横浜国立大学建設学科建築学コース卒業。2010年横浜国立大学大学院建築都市スクールY-GSA修了。2010年Urban Nouveau*勤務。2011年メディアプロジェクト・アンテナ企画運営。2011年403 architecture[dajiba] 設立。現在、滋賀県立大学、大阪市立大学非常勤講師。

川勝真一(RAD)
1983年生まれ。2008年、京都工芸繊維大学大学院建築設計学専攻修了。現在、京都工芸繊維大学大学院博士後期課程、京都造形芸術大学および京都精華大学非常勤講師。2008年に建築的領域の可能性をリサーチするインディペンデントプロジェクトRAD(Researchfor Architectural Domain)を設立し、建築の展覧会キュレーション、市民参加型の改修ワークショップの企画運営、レクチャーイベントの実施、行政への都市利用提案などの実践を通じた、建築と社会の関わり方、そして建築家の役割についてのリサーチをおこなっている。

[マネージメント・PR]

藤末 萌
1987年兵庫県生まれ。Y-GSA卒業後、DESIGNTIDE TOKYO 2012事務局アシスタント、設計事務所勤務を経て2016年よりフリーランスとして建築系のイベントやプロジェクトのPR・マネジメントを行なう。

[アートディレクション]

藤井北斗(hokkyok)
1982年埼玉県生まれ、京都工芸繊維大学卒業。廣村デザイン事務所などを経て、2015年独立。グラフィックデザイン事務所hokkyokを設立。

[ウェブサイト]

増本泰斗(株式会社フェブ)
1981年広島県生まれ。株式会社フェブのディレクターとしてウェブコンサルティングやプランニング、システム制作をおこなう。芸術支援の新しい可能性を模索する合同会社AGプロダクションズ役員。自身も現代美術作家として、Grêmio Recrativo Escolade Política、The Academy of Alter-globalization、Picnic(杉田敦との協働企画)、レペゼンきょうも、など複層的に活動中。

[会場デザイン]

アイボリィアーキテクチュア
横浜黄金町の共同スタジオ「旧劇場」で活動している永田賢一郎と原崎寛明、北林さなえによる建築ユニット。2013年活動開始。

トップに戻る

“Organization”

[一般社団法人日本建築学会]

一般社団法人日本建築学会は、会員相互の協力によって、建築に関する学術・技術・芸術の進歩発達をはかることを目的とする学術団体です。1886年( 明治19年) に創立されて以来今日にいたるまで、わが国建築界においてつねに主導的な役割をはたしてきました。現在、会員は3万5千名余にのぼり、会員の所属は研究教育機関、総合建設業、設計事務所をはじめ、官公庁、公社公団、建築材料・機器メーカー、コンサルタント、学生など多岐にわたります。

[建築文化事業委員会]

講演・展示事業等を通じて建築界および一般社会の建築文化の向上に寄与することを目的に、学会内に設置されている委員会の一つです。主な活動に、日本建築学会賞(作品)受賞者記念講演会の開催、建築文化週間(毎年10月に開催)などがあります。

[委員長]

関野宏行 | 事業理事・佐藤総合計画取締役常務執行役員

[幹 事]

大森晃彦 | 建築メディア研究所代表
田中元子 | モサキ代表
松田 達 | 武蔵野大学専任講師/ 松田達建築設計事務所主宰

[委 員]

井内雅子 | 大成建設設計本部建築設計第5 部設計室長
鵜飼哲矢 | 九州大学大学院准教授
小笠原伸 | 白鴎大学教授
加藤詞史 | 加藤建築設計事務所主宰
川勝真一 | R A D 共同主宰
斎藤公男 | 日本大学名誉教授
佐藤 淳 | 東京大学准教授/ 佐藤淳構造設計事務所主宰
辻 琢磨 | 4 0 3 a r c h i t e c t u r e [d a j i b a] 共同主宰
濱野裕司 | 竹中工務店東京本店設計部設計I S D 部長
藤村龍至 | 東京藝術大学准教授/ R F A 主宰
本江正茂 | 東北大学大学院准教授

特別協賛 大和ハウス工業株式会社

協賛 創造系不動産

ReBITA

建築再構企画

特定非営利活動法人モクチン企画

昭和情報プロセス株式会社

日本建築学会 創立130周年記念 建築文化週間2016
特別企画 パラレル・プロジェクションズ